P-SPACE
就学奨励費ソフトウェア

特別支援教育 就学奨励費 支給業務支援ソフトウェア, since 2003

ログインClose

よくいただくご質問 (お申し込みについて)

導入前によくいただくご質問

本サイト「お申し込みの手順」ページにご案内差し上げていますので、こちらをご覧ください
お申し込みの手順のご案内

本ソフトウェアの「○年度版」とは、その年度の事務処理ルールに従っている旨を示すための表記であり、『年度が変わるとそのソフトウェアが起動しなくなる』といったことはありません。

しかし就学奨励費支給の事務処理ルールは毎年度変更されるので、事務処理年度と同じ年度版ソフトウェアをご使用ください。

本ソフトウェアのライセンス料はコンピュータ1台でのご使用につき48,000円(税込)
なお、本ソフトウェアはその年度の最新版をご購入・ご活用いただくことを想定していますので、継続してご活用いただく場合には上記の価格を毎年度お支払いいただくことになります。

はい、可能です。ただしシステム上の都合により本サイト経由でのお申し込みを受け付けられない場合があります。
ご希望のライセンス数を添えて このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご相談ください。

新年度の就学奨励費算定に必要な資料が文部科学省より正式に発表されたのちに新年度版ソフトウェアの開発に着手します。

昨年度と大きな変更がなければ4月中にも発表できる可能性がありますが、文部科学省の発表がずれこんだり、計算ルールが大きく変更されたりした場合には4月よりも遅くなります。

遅くとも昨年度の世帯の収入が確定する6月を目標に開発を進めてまいります。

はい、1枚につき実費500円(CD-R代金、送料込)でご提供します。ご希望の場合は このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご連絡ください。

はい、承ります。お見積書のあて先名とご検討いただきますライセンス数を このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご連絡ください。

ソフトウェアの性質上、その欠陥の有無にかかわらず返品できません。

「ご購入後にソフトウェアが正常に動作しない」などといったトラブルを避けるため、 導入予定のコンピュータにおいて無料の体験版ソフトウェアをインストールし、あらかじめ動作することをご確認いただきますようお願いいたします。

動作条件を満たすコンピュータ上においてソフトウェアが動作しない場合がございましたらこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。までご一報ください。。

県や学校によって異なる、保護者等世帯への連絡文書(「支弁区分決定通知書」や「支給額明細書」)については、
(よほど複雑なデザインでない限り)ソフトウェアの「カスタム帳票」機能とMicrosoft? Excelc 2007/2010を用いて ご希望のデザインを実現できます。

全県一括で導入いただきます場合は(サービスの一環として)一支給年度につき1回、P-SPACEにて都道府県独自のデザインを作成し、無料でこれをご提供いたします。

現在(平成27年5月)広島県、茨城県の特別支援学校など、およそ50校様にご活用いただいています。

国立学校様向けのプログラム(交付金支給用ソフトウェア)もご提供しています。ソフトウェアの機能、価格やご提供の条件につきましては都道府県立学校向けと同一です。

国立学校様向けのプログラム(交付金支給用ソフトウェア)の体験版プログラムも都道府県立学校向けプログラムと同様にダウンロードしていただけます。

体験版ソフトウェアについてのご質問

一般に「体験版ソフトウェア」とは、ソフトウェアご購入前にご試用いただく目的で作成されたソフトウェアです。

就学奨励費ソフトウェアはインストール直後には「体験版」として動作します。ライセンス料をお振り込みいただき、ライセンス認証を行っていただきますと、以降「製品版」として動作します。

「体験版」としての動作は「製品版」の場合と同様に動作します。ただし以下の制約がかけられています。

  • 初回起動日から120日間経過すると使用できなくなります。
  • 年次更新処理(昨年度のデータファイルを基に児童生徒・世帯員の進級処理等を行って、今年度用データファイルを作成する機能)は使えません。

ご購入後にライセンス認証を行っていただくことにより、これら制約は解除され、体験版ソフトウェアは「製品版」として動作するようになります。

最新年度版の就学奨励費ソフトウェアは体験版も製品版も同じプログラムですので、いわゆる「製品版」の提供と同時にご試用いただけるようになります。

最新年度の支給にかかるルールが文部科学省より発表されたのちに最新年度版の作成に取りかかりますので、この発表の時期や昨年度からのルール改正の程度によって早ければ4月中、遅い場合には6月中のご提供になります。

はい、継続してご活用いただけます。

ただし、昨年度のデータファイルを今年度用の就学奨励費ソフトウェアで開く場合には、年次更新処理(児童生徒や世帯員の進級・進学処理などを行い、昨年度データファイルを今年度用データファイルに変換する処理)が必要となります。

体験版ソフトウェアでは年次更新処理を行うことができませんので、この場合には今年度用のライセンスをご購入いただき、年次更新処理を行っていただく必要があります。

(体験版に限らず) 本ソフトウェアの使い方についてのお問い合わせはサポートフォーラムより受け付けています。ご質問内容およびその回答はどなたにも閲覧できるようになっています。

お問い合わせいただく前に、同様なお問い合わせがないか、サポートフォーラムを検索していただくことをお勧めいたします。

サポートフォーラムの使い方 サポートフォーラム

体験版として動作するソフトウェアを(ライセンス料お支払いののちに)製品版として動作させるためには「ライセンス認証」を行っていただく必要があります。

ライセンス認証を行っていただくためのプログラム「就学奨励費ソフトウェア ライセンス認証」はインターネット接続を使用しますが、本ソフトウェアをご活用いただくコンピュータがなんらかの理由でインターネットに接続できない場合、インターネットに接続できる別のコンピュータとの電子メールのやり取りと、お客様による手作業によってライセンス認証を行うことができます。

「就学奨励費ソフトウェア ライセンス認証」プログラムによらないライセンス認証をご希望の場合には「お問い合わせフォーム」よりその旨お知らせください。

その他のお問い合わせ

お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。お問い合わせの後、2~3日経過しても回答がない場合はお電話(0824-74-0353)までご一報ください。